スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路傍のゴールド 2章 スギナ・ヨモギ・モロヘイヤ 1

前回までの1章で、私はスギナやヨモギとの出逢いを通じて、現在健康食品の仕事に携わっていることを書かせていただきました。

今回は、その路傍のゴールド、スギナ・ヨモギの効能が日本だけではなく、アジアやヨーロッパやアメリカ等、世界中で広く認められていたことをご紹介したいと思います。


私の父は戦争体験者で、それも長崎に原爆が投下された翌日長崎に入り、道路整備の任務についたそうです。

そのお陰で多量の放射能を浴びながら、八十四歳の天寿を全うできたと云うことは奇跡というほかはありません。

父は若い頃からクスリは殆ど飲まず、ユキノシタ・甘草・スギナといった漢方民間療法で対処していたようです。

そして、私の父は働き通しの身体なのに、亡くなる半年前まで、これといった病気は一切ありませんでした。

これも何か考えさせられますね。
植物さん達はとても凄い力を持っているようです。


さて、私の知人の奥さんは、小学校六年の時に広島で被爆されたそうです。
当時は薬も消毒液も包帯もなく、真夏の事で放っておいたら、左腕が膿んでウジ虫が湧いてきたそうです。そのまま途方に暮れていたら、近所のお婆さんが

「山へ行ってヨモギを採っておいで。よく擦りつぶして汁を塗り、葉っぱを貼ったらよくなるよ」

と教えてもらったので、その通りにしたら、一週間でウジ虫も膿も消え、半年ほどできれいに治った。

実際、その奥さんの腕を見せてもらったら、皮膚は少しケロイド状でしたが、とても60歳過ぎの皮膚とは思えない程きれいでした。

その奥さんは
「私はヨモギで命を救われました。これからも一生お付き合いしていきます」と仰っていました。
スポンサーサイト

theme : 健康が一番♪
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。